シンプル生活で無我の境地を目指せるか?! 

働くアラフィフ女が自堕落な生活改善にチャレンジ めざせシンプル生活!

新型コロナパンデミックで職住接近の価値を再認識

現在、私は職場からドアツードアで3分の所に住んでいます。

この新型コロナ騒ぎで、ほんとにこの環境にして良かったと再認識しました。

 仕事は生活の基盤なので可能な限り通常通り進めるのが望ましいですが、自分の健康と医療制度を守るためには、在宅での仕事を余儀なくされる状況になってきました。

うちの会社でも、時差出勤と在宅勤務を組み合わせて感染リスクを下げようということになっていますが、会社を無人にすると様々な不都合が生じますので、出勤が可能な人間がいるというのはやはり便利です。

ドアツードアで歩いて3分なら通勤による感染リスクはほとんどゼロですし、出勤している人間がほとんど居ないオフィスでは感染のリスクもほとんどゼロ、仕事自身も家でするよりは効率も良いので助かります。

電話対応、郵便物の対応、在宅勤務の人が必要なものを用意して送ったり・・・ということができるので、全体の役にも立てますしね。

海沿いの町で1時間30分かけて通ってた時にこの状況になっていたらと思うと恐ろしいです。。。。。

www.shikokuneko.online

 

それぞれのライフスタイルでできることできないことがあると思いますが、状況に応じて担当できるところを分担しつつ、乗り切るしかありませんね。

長期戦になりそうなので、お互い協力して色々工夫していかないと。