シンプル生活で無我の境地を目指せるか?! 

働くアラフィフ女が自堕落な生活改善にチャレンジ めざせシンプル生活!

洋服のお直し 今あるものを有効活用

洋服の整理と見直しは定期的に行っているので、今のところは大きな問題はありません。

ですが、久しぶりに手持ちの服を見ると、劣化が見られるものを発見!!

いったんは捨てる用の袋に分けていましたが・・・、お直ししてみることになりました。

劣化を発見したのは、セーターとカーディガン。ニットのほつれです。

まずはセーター。

ジョン・スメドレー(イギリスの通販)で購入したウールのハイゲージセーター。

2015年の末に購入。バーゲンで7,000円程度でした。

f:id:yoko-hirano:20190321181130j:plain

袖口と脇の下がほつれてきました。

袖口は黒糸で自分でほつれ止めしましたが、みっともない・・・。

f:id:yoko-hirano:20190321185043j:plain

f:id:yoko-hirano:20190321185057j:plain

次は、ジョン・スメドレー(日本のショップ)で購入したウールのハイゲージカーデ。

2014年秋購入。日本のショップで買ったので、バカ高でした。35,000円!

でも、おなかのところが、虫食いに・・・。

f:id:yoko-hirano:20190321185250j:plain

f:id:yoko-hirano:20190321185305j:plain

 

どちらも4~5年着ていますし、これらを発見した時は、あーこれで処分できるから、新しいの買えるな、と思っていたんです。
しかし、洋服リストの買った時の値段を見て、買い直すのはもったいないなという気分に。

手触りも良くて、気に入ってましたしね・・・。

○ニクロとは違って、袖口とかがヨレヨレになりませんし、長く着ているわりにはちゃんとしているし・・・。

で、いつもつかっているお直し屋さんが、ニットのお直しもしてくれることがわかったので、お願いしてみることにしました。

編み直しをするとかなりお高くなるそうですが、ほつれ止めをするだけなら、1箇所300円~500円でOKでした。

目立たないし、もちろんほつれ止めでお願いして、合計で1,200円也。

お直し後の仕上がりは、私の感覚では、全く気にならない出来でした。

お直しはちょいちょい出しますが、私はこちら2社にお願いしています。

 

1.マジックミシン

http://www.magicmachine-rs.com/

 

2.フォルムアイ

form-i.co.jp

 

マジックミシンさんでは、母が若い頃に履いていたスカートの裏地がぼろぼろだったので、取り替えてもらったことがあります。

今では私が履いています。

お直しに出すと、なんか愛着がわいて、まだまだ着よう!という気持ちになるんですよね。

不思議です。

このニットのお直しが気に入ったので、10年ぐらい前に海外で一目惚れして購入した別のざっくりニットカーデの袖口ほつれのお直しも出しました。

 

似合わなくなったり、着心地が悪いものは処分する方がいいのでしょうが、気に入っているものは手入れして着続けるというのが、お財布にも環境にもいいのでしょうね。

あ、経済にはマイナスかもしれませんが。