シンプル生活で無我の境地を目指せるか?! 

働くアラフィフ女が自堕落な生活改善にチャレンジ めざせシンプル生活!

早めの風邪の治し方 やっとマスターしました

体だけは丈夫なので、40代前半までは、風邪をひいても長引かない体質でした。

それもあって、あまり気をつけない質でして、薄着で過ごしていて気がついたら体が冷え切っていて、翌日から風邪をひく・・・みたいなことを繰り返していました。

しかし、アラフィフになって、熱が長引いたり、喉・鼻の症状が長引いたりすることが増えてきて、ちょっと真剣に、風邪を早めに治す方法を考えるようになりました。

f:id:yoko-hirano:20190321173613j:plain

で、この冬、やっとマスターしました(涙)。

今までやっていたことは、まずは、うがい&鼻洗い でした。

あれっと思った時に、塩水でうがい&鼻洗いを繰り返すと、かなりすっきりしますし、意外とどうにかなっていました。

でも、それだけでは、足りなくなったんですよね~。

 

色々試して、マスターした方法が以下の通り。

あれっと思った以降、回復するまで、

  1. 塩水でうがい&鼻洗い(朝起きた時、会社から帰った時、1日に2回ぐらい)
  2. 貼るカイロを風門のツボ(背中の肩甲骨の間)に貼る
  3. 葛根湯(顆粒の満量処方のもの)を飲む
  4. できれば、寝る前に湯船につかってゆっくり暖まる

をします。

 

今年、これで2回ほど、風邪のひきはじめで、回復することができました。

もちろん、たっぷり睡眠をとることは絶対条件ですが。

葛根湯の満量処方とは、1日当たりに処方して良い量いっぱいいっぱい分ですということ。

2/3とか1/2とかのものもあります。

葛根湯は、肩こりなどの症状にも効くらしく、長期間飲む方には少ないものの方が負担が少ないみたいです。

しかし、風邪のひきはじめには、がつんと満量処方でいきます。

いや~、「風邪のひきはじめには葛根湯」ってのは知ってたんですよね。

でも、飲んだことも無いのに、そんなのたいしたことないわ、と思っていました。

体力で治すのよと思っていたんですね、多分。

 

・・・書いていて思いますが、気をつけている方にとっては、普通のことなんでしょうねぇ。

半世紀生きてる間に、もっと早く気づけよと、自分でも思います。

上の対応をやって眠ると、体温が上がって、免疫がウィルスと戦っているのを実感します。

体を温めるというのは、健康の基本かも・・・とアラフィフになってやっと実感したところです。

 

あと、アラフィフになって、風邪を本格的にひいたら、こじらせる前に医者に行くということも覚えました(笑)。

咳が出て苦しい、喉の痛みが最高潮!という時には、耳鼻咽喉科にさっさといけば、長引かせずに済むんですね。

お薬、効くんだ・・・。

風邪には薬はないと思っていましたが、つらい症状を緩和する薬はあるんですね。

イメージ的には、症状をおさえることによって、エネルギーの消耗を防いで、免疫の力の無駄遣いをしないという感じかな?

 

早めの風邪の治し方、病院のかかり方、マスターするのは今のうち。