シンプル生活で無我の境地を目指せるか?! 

働くアラフィフ女が自堕落な生活改善にチャレンジ めざせシンプル生活!

確定申告終わりました 外国課税控除は忘れずに・・・

確定申告のシーズンが終わりました。

私の場合、投資は「特定口座の源泉徴収有り」で運用しているので確定申告は必要無いのですが、外国課税控除をする場合には必要です。

www.shikokuneko.online

 

外国株等を持っていて、配当益や譲渡益があった場合には、外国の所得税が課税されます。

加えて、国内でも所得税が課税されてしまうので、税金が二重取りされてしまいます。

で、二重取りされている分は(一定の限度はありますが)、支払うべき所得税から控除できます(引くことができます)。

これを、外国課税控除といいます。

 

私の場合、海外ETFを持っているので、その分が二重課税となっています。

www.shikokuneko.online

海外ETFは2000年ごろからコツコツ買っていましたが、この制度を知ったのは3年前なので、15年間も損をしていました(涙)。

わずかな積み立てでしたが、年間1万円でも15年なら15万円ですよ!

大きいです!!

 

最近でも相変わらずわずかな金額ですが、3年前からきちんと申告しています。

確定申告をやっている方なら、やり方は簡単。

持っている海外株やETFで年複数回配当がある場合や、いくつかの種類の株・ETFの配当がある場合を紹介します。

  1. 証券会社から送られてくる「外国株式等 配当金等の支払通知書」をまとめておく。
  2.  1.を1~12月分まとめて、国別に外貨の配当等金額と外国源泉徴収税額、円の配当等金額と外国源泉課税徴収額 の一覧表を作って、それぞれの合計をまとめておく。(私の場合米国だけ。)
  3. 国税庁のHPの所得税(確定申告書等作成コーナー)で確定申告の作業を進める。
  4. 税控除の入力で「外国課税控除」を入力(下の画面の表の一番下にありますね。)
  5. 4.の入力を済ませ、確定申告を終了して完了。印刷すれば、確定申告に必要な書類の中に、ちゃんと「外国税額控除に関する明細書」がありますよ。

f:id:yoko-hirano:20190321130949j:plain 

この手順の4.の入力がネックですね。

では、ここは詳細に。

上の画面、確定申告書等作成コーナーの「外国課税控除」を入力しようとクリックすると、「外国税額控除の計算がお済みでない方」か「・・・お済みの方」かを選択する画面が出るので、お済みでない方をクリックします。

すると、額国税額控除の明細書 の入力画面が現れますので、順次入力していきます。

f:id:yoko-hirano:20190321131846j:plain

ここの入力は、SBI証券に紹介されている 外国税額控除の明細書 の記入の仕方を参考にできます。

SBI証券

HPの方は、上下2段に配置されているので、一瞬??となりますが、よくよく見ると配置が違うだけで、内容は一緒です。

「外国株式等 配当金等の支払通知書」が1通の場合が紹介されていますが、複数枚ある場合は、上の手順2.で作ったリストがあるので、その内容を入力します。

私の場合、納付確定日納付日は1年まとめて入力しているので、いつも12月31日にしています。

所得の計算期間は1月1日から12月31日としています。

これで何か言われたことは無いです(^^;。

 

次に、調整国外所得金額 の入力ですが、上で入力した 相手国での課税標準 の金額をそのまま転記します。

よく分からないので、「調整国外所得金額とは」をクリックして解説を見てみますが、いまいち分かりません。

まあ、「その年分の国外所得金額」とあるので、配当以外に国外所得がない場合は、これでいいんでしょうけど(^^;。

後は、お住まいの地域が政令都市に該当するかどうかを入力。

 

初めての外国課税控除はここで終了ですが、次からは、前年度までの3年分についても入力が必要です。

ただ、これは、前年度の確定申告の書類に含まれている「外国税額控除に関する明細書」を見れば簡単です。

 

私の場合、約2万円がまるまる取り戻せました。

これは、所得税の納税額がある程度あるからです。

年金生活者や専業主婦の方で、所得税をほとんど納めていない方は、控除できません(=取り戻せません)ので、する必要無いです。

 

 

ちなみに、外国株等をNISA・積み立てNISAで購入している場合、配当金に対しては外国で課税はされますが、国内は非課税なので、2重課税とならず、外国課税控除の対象外です。

=ほったらかしでOKです。