シンプル生活で無我の境地を目指せるか?! 

働くアラフィフ女が自堕落な生活改善にチャレンジ めざせシンプル生活!

お金のかからない週末・休日の過ごし方(都心編)

みなさんは、週末・休日をどのように過ごしていますか?

都心に引っ越してからは、時間にも心にも余裕ができてきたので、週末・休日にも色々と活動するようになりました。

色々と試してみた結果を報告します。

Autumn park.

こちらにいる時には、都心ならではのことを・・・と思って色々とやってみました。

  1. コンサートや観劇に出かける
  2. 料理教室へ通う
  3. 博物館・美術館の年間パスポートを購入して通う
  4. 図書館に行く
  5. 公園・庭園を散歩する(バードウォッチングを兼ねる)
  6. マフィンを焼く
  7. 部屋の片付け・衣類の手入れをする
  8. ヨガをする

これ、お金のかかる順番に並べています(^^;。

 

1.お金のかかる過ごし方(1~3)

都心に住む魅力の一つとして、コンサートや観劇に出かけやすいというのがあると思います。これが趣味の人はたまらんでしょうね~。

しかし、私の場合、あまりわくわくしませんでした。

前もって予定が決まってしまいますし、結構費用もかかりますしね。

 

料理教室にも通ってみました。

学びがあり楽しいのですが、う~ん、自分でレシピを見て作るので十分かな。

凝った料理を習っても絶対に家では作らないし、一応一通りのことはできるので、アラフィフ女としては今更感がありました。

一人暮らし始めてすぐの方なんかはいいのかも。

 

博物館や美術館の年間パスポートはかなりお得ですよね。

でも、お得だから・・・ということで出かけると、やはり先で御茶や食事がしたくなって、結構出費が(^^;。

他のことに取り組むこともできるのに、もったいないから・・・と出かけるようになってしまって、何のための休日か・・・と思ったのでやめました。

本当に行きたい催し物があれば行くっていうのが、私には合っているようです。

 

2.お金のかからない過ごし方(4~8)

ということで、現在のところ、4.以降で落ち着いています(^^;。

私が東京で週末・休日を過ごす場合は、結局、ほとんどお金をかけずに過ごすようになってしまいました。

 

図書館や公園に行くには、原則、交通費以外お金はかかりません。

ただ、お弁当や水筒を持って行かない限り、食事と御茶で意外と出費がかさむので、気をつけています。

公園に行く際は、双眼鏡を持って行くようになりました。

これから落葉する季節は、かわいい鳥たちがよく見えるようになります。

散歩だけでもいいのですが、双眼鏡で鳥たちを観察していると、夢中になれますよ。

双眼鏡は、そこそこいいものを1つ持っていると、星の観察にも使えますし、便利です。

 

家に引きこもって片付けをしたり、衣類に手入れをしたり、マフィンを焼いたりは、達成感もあっておすすめです!

私の場合、前の記事に書いたコンベクション・オーブンを購入してから、マフィンを焼くようになりました。

おすすめは、バターを使わずにサラダ油を使って焼けるマフィンです。

レシピ本を買って作ってみたところ、意外と簡単で、余ったら冷凍でも保存できるので、秋から冬にかけては定期的に作るようになりました。

 

 

こちらの本には、マフィン、パウンドケーキ、スクエアシフォンケーキが紹介されています、わたしはもっぱらマフィンを焼いています。

その中でも、材料を揃えるのが簡単なので、バニラマフィンとオートミール・レーズンマフィンかな。

 焼き上がり、こんな感じです。

バニラマフィン、ちょっと焦げてます(^^;。

f:id:yoko-hirano:20161113170548j:plain

f:id:yoko-hirano:20161113170616j:plain

 

 

お菓子の写真の後にどうかと思いますが・・・、ヨガは、本格的に始めようと思っているので、その準備のために体を柔らかくしている最中です(^^;。

アーサナと言われるポーズをとるのがヨガ・・・と思っている方が多いのですが、本来は、ヨガとは心の動きを死滅させることが目的なのです。

そのために行う瞑想などに耐えうる体を作るための訓練としてアーサナがあるのですね。

詳しくは、こちらで。

 

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

インテグラル・ヨーガ (パタンジャリのヨーガ・スートラ)

 

 

奥が深いので、少しずつ学んでいこうと思っています。